月別アーカイブ: 2018年1月

その人の年齢がよく出ている

お肌にはその人の年齢がよく出ていると思っています。

シミやシワが静かに降り積もって年齢を語ります。

パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。

ここはシワも増える一方ですし、クマもずっと離れませんので、年齢が進むに従い、この部位についての悩みを持つ人は、増える傾向にあります。

肌の健康のバロメーター、大事なハリやツヤが加齢と共になくなると、肌はしぼんでシワとなります。

顔に限定してみますと、一体どこのシワで多くの人が悩んでいるかというと目尻や目の下など目の周りや、眉間、ほうれい線などが多いようです。

オリーブオイルと聞くと、イタリア料理に欠かせない植物油、一般的にそういうイメージになりますが、いろんな有効成分がたくさん含まれていて、お肌をお手入れする時にも使えると話題を集めています。

使用例として、オリーブオイルでの洗顔術があるのですが、前よりシミが薄くなったと感じる人も少なくありませんから、美肌に関心がある方はぜひ実践してみたい利用法です。

乳製品の中でもヨーグルトは、乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などを多く含む食品です。

乳酸菌はガスの発生を抑え、お肌を内側から健康に整えます。

ビタミンBはお肌の新陳代謝を盛んにする役目を担っています。

また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層の結合を弱くし、角質層を薄くしていく大事な作用があります。

こうした栄養素の働きはシミやくすみを改善し、美白する効果を狙えます。

ヨーグルトはシミを薄くするためにも、摂りたい食べ物です。

顔を洗うのに熱いお湯で洗ってしまうと要らない汚れだけでなく必要な皮脂も落としてしまいますし、洗えてない部分があると乾燥肌やニキビといった肌の悩みの原因を生み出してしまうので肝に銘じておく必要があります。

洗顔したら、急いでたっぷりの化粧水を丁寧に肌に押し付けるように吸い込ませ、必ず乳液を塗り、水分を逃さないようにしてください。

特別に乾燥が気になる目や口の周りなどは、少々他よりたっぷりと塗るようにします。

プラセンタの効果を増加させたいなら、取るタイミングも大切です。

最大限にいいのは、腹が空いている時です。

逆に、おなかがいっぱいの時は吸収率が低く、摂取したとしても本来の効果を確認できないことがあります。

また、夜、休む前に摂取するのも一押しです。

ご存知の通り、人の体は就寝中に修復・再生されるので、就寝前に服用すると効果的なのです。

アンチエイジングはどのタイミングで始めればいいかというと早いうちから始める事が大事です。

遅くとも30代には始めておかないと間に合わないです。

特に目の周辺の皮膚は薄いため、目の周囲を保湿するのは必ず必要です。

後、ライスパワーの化粧品だけに拘るのではなく、バランスの良い食生活を送り、日常のリズムをきちんと整える必要があります。

以前から敏感肌でほぼ化粧をしたことがありませんでしたが、昨今は敏感肌用やアレルギーテスト済みの化粧品も増加してきました。

敏感肌でも肌に損害をもたらすことなく使用できる化粧下地も膨大な数になってきて、大変好ましいです。

ライスパワーの化粧品で、今後は幾らかはおしゃれを愛好できそうです。

 

 

問題がなければ妊活に入っていこう

2人目妊娠を気長に待ち続けて3年経過しても妊娠しなかったので、夫婦どちらかの健康状態に異常があるのでは、と思い始めました。

第一子を育て上げるためにも長生きしなければいけないので、思い切って細かく検査をしてもらい、問題がなければ妊活に入っていこうと夫婦の間で話し合ったのですが、思い返してみると、この話し合いが妊活を決めた瞬間になります。

不妊治療そのものに違和感を感じるご夫婦も、なきにしもあらずです。

そして、不妊治療には特に疑念ががなかったとしても、不妊治療にかかってしまう費用がネックになって始めることができなかったり、継続が困難なこともあると思います。

タイミング治療を受けるにあたり、それほど費用がかかりませんが、人工授精や体外受精を受けるとなると、莫大な費用が必要となります。

皆さんは「マカ」というものを知っていますか?これはとりわけ男性のスタミナアップという部分にばかり注目されるサプリですが、それだけではありません。

赤ちゃんを妊娠しようと、妊活をしている女性の、血行促進作用があるため、体を妊娠しやすい状態に整えられます。

それだけではなく、ホルモンのバランスを整えてくれるという嬉しい効果もあるため、妊娠するためには重要となる基礎体温の変化も正常な状態になっていくので、体の中をより安定した状態にすることに貢献してくれます。

妊婦にとっての必要な栄養素というのは葉酸というものです。

葉酸が足りていないと子供の脳や神経系に障害が残るリスクが大きくなってしまいます。

それなら、いつまでに葉酸を摂取すればよいかというと、脳や神経を形成する頃は妊娠3ヶ月以内となっているため、この頃、特に葉酸を摂る必要があるわけですね。

いうまでもないことですが、妊娠あるいは出産というのは、夫と妻の協力が不可欠です。

それはどういう事かといいますと、男性の妊活への協力は必要不可欠であるということなのです。

男性は出産できませんから、一歩間違うと主体的に女性が行うことと思われがちですが、夫婦ともに協力しなければ赤ちゃんを授かる可能性は低くなってしまうでしょう。

なぜ貧血が起こるかと言えば食事の中で鉄分を摂れていないからだと普通は考えますが、貧血はいろいろな要因によって引き起こされるもので、鉄分が足りないことだけが原因とは言い切れないのです。

葉酸不足による貧血も少なくないので、鉄分を強化して摂っても貧血が改善しない場合、意識的に葉酸を摂るようにするとより早く貧血が改善されたという例もあるのです。

昨今、手軽に妊活に役立つ方法として世間ではお灸が注目され始めているようです。

古くから続く鍼灸療法によって体の妊娠しやすさをアップでき、加えてメリットとして、副作用がないということも挙げられます。

体表面には妊活にいいとされるツボが多く存在し、ご自宅で個人で出来るようなお灸も売っているので簡単に取り入れられるようになりました。

騙されたと思って挑戦してみては?体の冷えというのは妊活をする上での障害物です。

そこで、体を温かくするグリーンミルクの青汁を意識的に毎日飲むようにするのも妊活の1つだと考えます。

一例を挙げておけば、カフェインレスの体の血行を良くする役目をするグリーンミルクの青汁が体の冷えを解消するためには有効です。